2013年02月18日

薄毛とメタボの関係

薄毛(男性型脱毛症)の人は、最近の調査では糖尿病や心臓病また前立腺肥大・前立腺癌が起きるリスクが高いことが分かってきています。

男性型脱毛症は、インスリンの働きが低下する状態(糖尿病の原因)となる事が多く、インスリン抵抗性を持つ人は徐々に、肥満や高脂血症などの生活習慣病の合併症を起こします。

また、薄毛は、テストステロン(男性ホルモン)が酵素によって変化したDHT(ジヒドロテストステロン)と言う物質が原因です。

最近テレビCMでも盛んに宣伝されている育毛剤(フィナステリド/プロペシア)は5α-リダクターゼと言う酵素の働きを阻害してDHTを減らすことにより、男性型脱毛症を抑制します。

と言う事は、このプロペシアは薄毛の改善だけでなく、生活習慣病やメタボをも改善することに繋がることになります。



posted by タッキー at 15:40| 育毛 | 発毛 | 増毛 | 更新情報をチェックする

薄毛ブルー

薄毛でブルーになる方は非常に多いと思います。

私の知り合いでも、薄毛によりノイローゼ気味になり、それを隠すために数種類のカツラを週毎に付け替えたりして、年間に一千万円も掛かった人がいます。

しかし、そんな苦労も報われず会社の同僚にばれてしまい退職してしまいました。その後、数社を転々として最終的にはどこの会社でも勤めを続ける事ができずに、鬱病となり、現在は生活保護で暮らしているようです。

脱門(薄毛)は、人間にとって精神的に劣等感や不安定性を植え付け、自信の喪失の原因となることが、ある調査で分かっています。

薄毛を改善することは、精神的に安定させる事に大きな役割を果たします。

最近は、様々な育毛・発毛を促進するシャンプーや育毛剤が売られておりますが、効果には個人差がありますので、本当に効果のある育毛剤を探す事がポイントです。

posted by タッキー at 15:18| 育毛 | 発毛 | 増毛 | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

チョコレートで育毛効果?!

もうすぐ、バレンタインデーですが、薄毛の彼氏にはカカオたっぷりのチョコレートが良いようです。

チョコレートの原料のカカオには、血圧を低下させ高血圧になりにくくする効果があるようですが、これはチョコレートに含まれているカカオマスポリフェノール自体の抗酸化作用のようです。

この背景には、チョコレートがIGF-Iを増加させて、血液を正常化させる可能性が考えられますので、同時に育毛にも効果がありそうです。

マウスの実験で、毛を剃ってから、チョコレートを食べさせて場合と食べさせない場合を比較すると、チョコレートを食べさせた方のマウスは、皮膚のIGF-Iが増加し育毛が促進されております。

このような育毛効果を出すためには、カカオマスポリフェノールを多く含むカカオがたっぷり入ったチョコレートがオススメです。

ホワイトチョコでは、効果が期待できませんのでカカオの含有量が多い物を選んでプレゼントすると、育毛だけでなく他の健康効果も期待できそうです。

posted by タッキー at 11:35| 薄毛に良い食べ物 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。